SSブログ
魔女コレクション ブログトップ
前の10件 | -

魔女コレクション 第109 回 アーヤと魔女(スタジオジブリ作品) [魔女コレクション]

月の魔女・小泉茉莉花です。
映画・小説・グッズ、そして魔女のお話など
太陽と月の魔女がみつけた魔女にまつわるものを
ブログ【太陽と月の魔女】でご紹介していきたいと思います。
ある日、テレビを見ていたら、年末にアーヤと魔女(ダイアナ・ウィン・ジョーンズ原作-ハウルと動く城の原作者)というスタジオジブリの作品を放映すると告知していました。
アーヤと魔女.jpg


スタジオジブリ!
これはもう見なくてはです。

アーヤと魔女は宮崎駿氏の企画で息子の宮崎吾朗氏が監督するジブリ初の3Dアニメ。
3Dだとジブリ色が若干薄まりますが、ジブリの世界は健在。

アーヤは活発で人たらしな女の子。魔女の親に赤ん坊のときに
施設にあずけられながらも幸せに暮らしていた。
そんなある日、アーヤは意地悪な魔女と風変りな男にひきとられ、
魔女の薬作りの下働きをすることになる。
意地悪な魔女に無理難題をおしつけられても、
アーヤは負けない。
魔女に魔法を教えてもらう約束をしたのだけど、
ちっとも教えてくれない。
ならば、魔女のいない隙に魔法のノートを盗み見て、
魔法をマスターして、意地悪に対抗するというしたたかさ。

ところがある日、魔女の怒りをかって、
罰を与えられる。
それに対抗して、やったことが同居している男をまきこみ、
男が魔女に対して腹をたて、
アーヤに有利な展開になるということに。

そして、3人で何とか平和に暮らしていくことになる。
最後はあっと驚く展開なのだけど、きわめてあっさり描かれている。

アーヤは魔女の娘だから、やっぱり、魔女の素質はあるんだろうな。。
初めての魔法の薬を作るときも、ためらわず、いさぎよい。

どんな状況でもあきらめず進んでいけば、道は開けるというお話。
とてもジブリらしいおもしろい作品でした!



nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:占い

魔女コレクション 108回 映画「魔女がいっぱい」 [魔女コレクション]

こんにちは。太陽の魔女マリィ・プリマヴェラです。

映画・小説・グッズ、そして魔女のお話など
太陽と月の魔女がみつけた魔女にまつわるものを
ブログ【太陽と月の魔女】でご紹介していきたいと思います。
ある日、テレビを見ていたら、びっくり!のCMが流れてきました。
その名も「魔女がいっぱい」という映画のCMです。
あわわ! 太陽の魔女マリィとしては見逃してはいけないっ!
それにしても、いったいどんな映画なんでしょう…?

魔女がいっぱい.jpg


ということでネット検索をかけ、「魔女がいっぱい」のサイトに辿り着きました。
主演はアン・ハサウェイ。
監督はロバート・ゼメキス。
原作は「チャーリーとチョコレート工場」の作者ロアルド・ダール。
”クリスマスに贈るファンタジー映画”ということらしい。

人間になりすました魔女は、世界中のどこにでも潜んでいる。
美しく、ファッショナブルなその魔女たちは
帽子をかぶり、長い手袋を手にはめて、
高級ホテルで魔女の集会をするのだそうで。

ところが魔女たちにはとんでもない企みがある。
まずは魔女の薬を使って子どもたちをネズミの姿に変えて
一人残らず子供を消す!

残念なことに、私はこの原作を読んだことがありません。
上記は「魔女がいっぱい」のサイトから得た情報。
そして、もっと残念なことに、
まだこの映画を観ていないのです。
時間を作って、一刻も早く観にいきたい!


posted by taiyonomajo at nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:占い

魔女コレクション 第107 回 映画 小さい魔女とワルプギスの夜 [魔女コレクション]

月の魔女・小泉茉莉花です。

映画・小説・グッズ、そして魔女のお話など
太陽と月の魔女がみつけた魔女にまつわるものを
ブログ【太陽と月の魔女】でご紹介していきたいと思います。
今回ご紹介するのは映画 小さい魔女とワルプギスの夜。
小さな魔女.jpg

太陽の魔女が魔女コレクションでご紹介したドイツの「小さい魔女」が原作です。
https://sunandmoon.blog.ss-blog.jp/2019-07-17
月の魔女は原作を読んでなかったので新鮮な気持ちでみれました。

太陽の魔女の魔女コレクションにもかいてあるように、
主役は100歳をとっくにこえているのに、大きな魔女からみたら
まだまだひよっこの小さい魔女。
月の魔女は小さな魔女というタイトルから少女がでてくるのかと思ったら、
とっくに成人した若い女性が登場して、ちょっとがっかり。
小さい魔女が成人女性なのですから、大きな魔女はおばあさんの魔女。

ワルプギスナイトの集会には小さい魔女はでられないのに、
勝手に参加したのがばれて、
すごく分厚い魔法書を全部覚えて、いい魔女になったら、
来年から参加していいといわれるところから物語は始まります。

ワルプギスナイトにでたいがために小さい魔女は賢明に呪文を勉強します。
一年後、試験にみごと合格するのですが、
小さい魔女がこの間にしてきた人間にたいするいいことが問題とみなされます。
そうなんです。ここにでてくる魔女は悪いことをする人たち。

罰をあたえられそうになった小さい魔女の反撃が始まります。
というお話。。。。

みんなが想像している通りの魔女がでてきて、魔法を使う。
素直におもしろかったです。

小さい魔女の使い魔はカラス。映画の中でも使い魔は猫とされています。
お利巧なカラスの活躍も必見。


nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:占い

魔女コレクション 106回 シール「薬用植物採集旅行」by生みたて卵屋 [魔女コレクション]

こんにちは。太陽の魔女マリィ・プリマヴェラです。

映画・小説・グッズ、そして魔女のお話など
太陽と月の魔女がみつけた魔女にまつわるものを
ブログ【太陽と月の魔女】でご紹介していきたいと思います。
今回は、『太陽と月の魔女カードwithフェニックス&ドラゴン』を
限定部数お取り扱いいただいた不思議可愛い雑貨店アランデルさんで見つけた
お宝グッズをご紹介しましょう。

生みたて卵屋さんの作品、
まるで切手みたいなデザインの「薬用植物採集旅行」という名のシールです。

IMG_6583.jpg



「マンドラゴラ禁書ステッカー」もいただきました。

IMG_6582 (2).jpg



さて、魔女と薬用植物、どんな関係なのでしょうか?
魔女は、大きな釜で特別な軟膏を作り、
それを体に塗ることで空を飛べるのだと言われてきました。
その軟膏の材料となるのが、さまざまな薬用植物。

「世界魔女百科」(ヒメネス・デル・オソ著)には
軟膏のレシピとして以下のものが紹介されています。
・赤と黒のケシ、ドクムギ、ヒヨス、ドクニンジン、レタス、スベリヒユ…各0.0648グラム
・油…上記の1.5倍
・アヘン…すべての混合物31.103グラムにつき1.236グラム

あるいは、こんなレシピも。
・人間の脂肪…100グラム
・ハシシュ…5グラム
・アサの花…片手に半分
・ケシの花…片手に半分
・ヘレボルスの粉末…ひとつまみ
・焼いたヒマワリの種…ひとつまみ

軟膏作りだけに薬草が使われたわけではありません。
魔法をかけるためにも単体で使ったと言われています。
その中でもとくに気を惹かれるのが、マンドラゴラ。
シールの10番、それにステッカーに描かれている植物です。
英語ではマンドレークと呼ばれています。

IMG_6588.jpg


もちろん実在の植物ですが、
根っこが太くて、二股に分かれていて、
まるで人間の下半身のような姿をしています。
葉は大きく広がり、人の頭髪のよう。
だから根と葉の全体像が、ちょうど人間みたいに見えるのです。
もちろんマンドラゴラは毒の成分を持っているので
魔女の薬草となるわけですが、
その人間に似た姿もまた、魔女の薬草と呼ばれる所以でしょう。

マンドラゴラは地中から掘り出されるとき、
それはそれは恐ろしい悲鳴を上げるのだそうです。
だからマンドラゴラを掘る人は耳栓をしていないと
発狂するか死んでしまう…。
そのためロープを根に結び付けて犬に引かせて掘り出すのだけれど、
犬は犠牲になって死んでしまうんですって。

古来、マンドラゴラは魔力を持った植物とされ、
古代ギリシアの大学者テオフラストスによれば
刈り取るときには、マンドラゴラのまわりに剣で三重の輪を描き、
西の方を見ながら切り取るべし、と。
マンドラゴラの魔的な力に対抗する儀式なのですね。

また古代エジプトでは、マンドラゴラは3大秘薬のひとつと言われ、
紀元前14世紀頃の、あのツタンカーメン王の墓にも描かれていたとか。

いずれにしても不思議な魔的パワーを持つと考えられてきた植物なのです。

マンドラゴラに限らず、このシールに描かれた植物たちは皆、
それぞれが魔的な力を持っていると言われています。
いわば魔女の植物!


参考:西村祐子著「魔女の薬草箱」(山と渓谷社)

posted by taiyonomajo at nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:占い

魔女コレクション第105回 【Witch Education Notebook】by医療系雑貨生みたて卵屋 [魔女コレクション]

月の魔女・小泉茉莉花です。

映画・小説・グッズ、そして魔女のお話など
太陽と月の魔女がみつけた魔女にまつわるものを
ブログ【太陽と月の魔女】でご紹介していきたいと思います。
今回は、不思議可愛い雑貨店 アランデルさんの通販で購入した
医療系雑貨生みたて卵屋さん・荒木瑞穂さん
デザイン・イラスト・本文・編集の「With Education Notebook」と使い魔の書
のご紹介。

魔女の教本.jpg


アランデルさんのツイッターで知って、
まだ外出自粛前で、医療系雑貨生みたて卵屋さんの個展をアランデルさんでやっていらしたので、お店にでかけていったのですが、With Education Notebookは早くも売切れ。
しばらくして通販で販売されているのをみつけて購入しました。
他にも可愛いお薬手帳などもありました。


With Education Notebookはクイズ形式になっていて、それを解いていくと
魔女修行もできるというとてもおもしろい企画の小冊子です。
絵もとてもきれいです。
全部できた人に与えられる封印された修了書もついています。
このクイズ、なかなか難しくて、魔女の知識もすごい。



使い魔の書.jpg


Familiar spirits-使い魔の書ーは魔女の使い魔の動物たちの紹介と
使い魔との契約書が入っています。

デザイン・イラスト・本文・編集とひとりでおやりになっているなんて
本当にすごいと思います。

我々はずっと雑誌や本で書いてきたので、いい企画があれば
出版社にもちこんだりしてきましたが、自分たちで制作する方たちの
素敵な作品にたくさんふれて、それがすごく売れていることは
これからの物作りの流れはこちらにあるのかもしれませんね。

太陽と月の魔女はデザイン・イラストは藤井由美子さんにお願いしていますが、
藤井さんの絵でこのような魔女関連の素敵な冊子を作りたいなと思いました。

魔女になりたい人にはおすすめです!


nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:占い

魔女コレクション 第 104 回 ヒーリングベル [魔女コレクション]

月の魔女・小泉茉莉花です。

映画・小説・グッズ、そして魔女のお話など
太陽と月の魔女がみつけた魔女にまつわるものを
ブログ【太陽と月の魔女】でご紹介していきたいと思います。
今回は、太陽と月の魔女がセミナーなどのとき愛用しているハーモニーボールです。

ハーモニーボール太陽.JPG



ハーモニーボール月.JPG


太陽と月が裏表についています。
これを大きいのを自分でかなり前に表参道のスパイラルマーケットで購入、
全く同じでひとまわり小さいものを月グッズコレクションにといただきました。
ふたつあったので、ひとつ太陽の魔女にプレゼントしてお揃いで持っています。

私が購入したときはハーモニーボールという名前で売られていましたが、
これは商標登録だそうで、正式名称はヒーリングベル。
太陽と月の魔女カードwirhフェニックス&ドラゴンの月カード16番にも
はいっています。

古代ケルト民族の修行僧たちは瞑想やスピリチュアルな儀式のときに
ドルイドベルという鈴を使っていたのだそうです。
また、チベタンベルや音叉も音をならして、ヒーリングなどの道具に使われます。
日本では鈴が神の声とされて、スピリチュアルな力をもつといわれているので
お守りとして持っている人が多いでしょう。

太陽と月の魔女も、セミナーなどをはじめるときにヒーリングベルを鳴らして、
スペースクリアリング(部屋や空間の浄化)しています。
場が浄化されるだけでなく、そこに結界を張ることができるのだそうです。

ヒーリングベルに太陽と月がついていることによって
太陽と月のパワーがプラスされていると思っています。

nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:占い

魔女コレクション 103回 ルーンワンドbyそらのともしび [魔女コレクション]

こんにちは。太陽の魔女マリィ・プリマヴェラです。

映画・小説・グッズ、そして魔女のお話など
太陽と月の魔女がみつけた魔女にまつわるものを
ブログ【太陽と月の魔女】でご紹介していきたいと思います。
今回は、『太陽と月の魔女カードwithフェニックス&ドラゴン』を
限定部数お取り扱いいただいている不思議かわいい雑貨店アランデルさんで見つけた
お宝グッズをご紹介しましょう。

太陽と月の魔女が「うん! これ!」とうなずきあった、このワンド(魔法の杖)。
そらのともしびさんの作品です。

IMG_5781.jpg



ワンド、つまり魔法の杖は、ファンタジーの魔女が手に持ち、
「ビビデバビデブー!」と唱えながら振ると
みすぼらしい女の子が、それはそれは美しい淑女に変身…。
そんな“魔法の道具”というイメージがあります。

一方、魔女が空を飛ぶときにまたがった箒は、
このワンドをカモフラージュさせたものとも言われています。
ワンドに小枝を括り付けて箒の形にしたというわけです
あるいはキリスト教以前の古い宗教であるケルトのドルイト教での象徴的な道具だったとも。

また木でできたワンドは、火をおこす道具でもあることから
この世を成り立たせている4つの元素、火・地・風・水のうちの火の象徴とされています。

一方、樹木信仰的な角度から見ると、
木は、天に枝葉を伸ばし、風に吹かれてそよぎ、
そのうえ大地に根差し、雨を全身に受けるというところから
火・地・風・水の要素をすべて満たしているもの。
ですからオールマイティでバランスの取れたパワーを持っているとされています。

さらに棒であることから、男性性の象徴とも考えられてきました。

別の考え方として、ワンドは「持つ者の意図をワンドの先に集中される」ともいわれ、
いにしえの時代、神々に祈るときに使ったり、
逆に神々からのメッセージを受け取るために使用したようです。
あるいは自分や場所を保護するために地面に円を描いたり、
ヒーリングやチャネリングをするときに使ったという話も聞きます。

それが現実の事柄であれ、ファンタジーの世界のものであれ、
いずれにせよワンド・杖は単なる棒切れではなく、
何らしかのマジカルなパワーを持ったものと考えられてきたのです。

今回ご紹介するそらのともしびさん作のワンドは、イチイの木で作ったもの。
イチイは、樹齢1500年とも2000年ともいわれている樹木で、
終結と始まり、死と再生などとかかわりがあると考えられてきました。
ネガティブなものを捨て去り、
新しい意欲と生命力とを与えてくれると言われています。

ルーン文字を樹木や石などに刻むと、呪力が増すのだそうで、
写真のワンドの先に彫られているのは、ルーン文字の「エオー」。
そしてこの「エオー」というルーン文字は、イチイの象徴。
つまりイチイの持つ力を倍増させているのが、このワンドというわけですね。

このルーン文字を使った呪文も彫り付けられています。

さて、このワンド、どうやって使いましょうか。

まずは瞑想するときに手に持ってみました。
可愛らしいワンドなのにもかかわらず、どっしりとした安定感があります。
瞑想も深く、静かなものとなり、
いつもの瞑想後に比べて、ぐっと落ち着きを増したような感じがしました。

魔除けとしても使えるそうです。
マジカルなインテリアグッズともなるでしょうね。
というわけで、太陽のイラスト画とともに飾ってみました。
(イラスト・武井美砂)

IMG_5767.jpg


太陽のイラストがますます光を大きく放つかのよう!
戸口から邪悪なものが入ってくるのを防ぐために
玄関に飾っておくのもいいでしょうね。

もちろん本格的な魔女ならば
真っ先に、儀式の祭壇に置くことを考えるでしょう。

ところで、ワンドといえば、タロットカードにもワンドが描かれています。
小アルカナのワンド!
野望、創造、冒険、決心、エネルギー、成長、成功、勇気…
そういった火のエレメンツを象徴するキーワードが並ぶのが、ワンドのカード。
まさにイチイの木が象徴する事柄と一致していますよね。

さて、そらのともしびさんでは、ワンド作りのワークショップも開いていらっしゃるようです。
https://ameblo.jp/sora-no-tomoshibi/entry-12295560206.html?frm=theme
…最近はやっていらっしゃらないかな?
ブログをチェックしてくださいね。

そうそう、こんなに素敵なワンドでなくても
ご自分で、これ!と思うものならばワンドとしての役割を果たすんですって。
たとえば、細工をしていない本物の木の枝や、
のれんの棒、手芸に使う木製の飾り棒、はたきの柄などでもOKなんだとか。
…とは魔女を名乗る松尾未来さんがおっしゃっていました。
松尾さんのご著書「魔女を生きる」(白水社)にもそのような記述があります。

そらのともしびさんのワークショップにご参加になって、
ご自分の手でご自分のワンドを作るもよし。
山に入ってお気に入りの小枝を探しだすのもよし。
アランデルさんの実店舗でワンドを見比べたり、
オンラインショップをのぞいて
今回ご紹介したような素敵なワンド作品をお買い求めになるのも、またよし。


posted by taiyonomajo at nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:占い

魔女コレクション Magick Broom Broach(魔女の箒ミニブローチ)byそらのともしび [魔女コレクション]

月の魔女・小泉茉莉花です。

映画・小説・グッズ、そして魔女のお話など
太陽と月の魔女がみつけた魔女にまつわるものを
ブログ【太陽と月の魔女】でご紹介していきたいと思います。
今回は、このたび太陽と月の魔女カードwithフェニックス&ドラゴンをお取り扱いくださることに
なりました不思議可愛い雑貨店アランデルさんにでかけたときに太陽と月の魔女のふたりが心ひかれた
そらのともしびさん制作の魔女の箒ミニブローチ。

そらのともしびさんの箒ブローチ.jpg


こちらは太陽バージョンですが、月バージョンもあるので、
両方購入して、太陽の魔女と月の魔女がおそろいでつける予定です。
ほうきを束ねるために使われている毛糸の色がまさに太陽の色で気にいっています。

ミニブローチとなっていて、上着やバッグなどにつける他、
ほうきブローチが入っている袋の解説によると
玄関や入り口に魔除けとして飾ったり、悪い空気を外に吐き出したりなど
魔術的な要素にも使うとよいようです。

月の魔女としては、玄関に飾って魔除けにしたり、
でかけるときはブローチとしてつけたいと思っています。
一度別の物をカバンにつけていたらおとしたことがあるので、
カバンに着ける方はしっかりつけましょう。

だいたいペンダントなどはほうきに魔女がのっているものが多くて、
魔術道具で小さなほうきはみたことがありますが、ほうきのブローチは珍しい。
ちなみに製作者のそらのともしびさんは
魔法のほうき作りセミナーなどもやっていらっしゃるようです。
興味のある方はそらのともしびさんのブログなどご参照くださいませ。

ほうきは黒のとんがり帽子、マントとともに魔女のお道具3点セット。
柄の方を前に飛んでいるイメージですが、
実はその逆で飛ぶこともあるのです。

さらに、ほうきではなく、雄ヤギ、オオカミ、ブタ・テーブル、植物など
他にもいろんなものに乗って飛んでいる魔女(女性だけでなく、男性も)
がさまざまな絵画の中に描かれています。

太陽と月の魔女が師をあおぐドイツの魔女研究家の
西村佑子先生の「魔女学校の教科書」@静山社によると
ほうきは何からできているかというと、
古くからいわれているのは毒のあるエニシダ、
トゲのあるハリエニシダだそうです。

魔女は実際に飛んでいるのではなくて、秘薬を使って
飛んでいるような気分になっているのだそうですが、
ほうきにまたがったときには、
「上へと飛べ、上へ飛べ、下には落ちるな」と
唱えながら体をゆするのだそうです。


        空を飛ぶ太陽の魔女
                ほうきマリィさん.jpg
nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:占い

魔女コレクション 101回 イモルグ [魔女コレクション]

こんにちは。太陽の魔女マリィ・プリマヴェラです。

映画・小説・グッズ、そして魔女のお話など
太陽と月の魔女がみつけた魔女にまつわるものを
ブログ【太陽と月の魔女】でご紹介していきたいと思います。
今回は、『太陽と月の魔女カードwithフェニックス&ドラゴン』のいちばん最初のカード、
「聖ブリギッド祭(イモルグ)」についてご紹介しましょう。

20120419150547.jpg


聖ブリギット祭とは、2月2日のこと。
あと2週間ほどでやってくる日です。

ブリギッドとは、豊穣と火を司るケルト民族の女神。
そのブリギッドにお願いごとをし、祈る日なのです。
この日をケルトの民は「イモルグ」と呼んでいました。

日付を見ればわかるとおり、
ちょうど日本の節分・立春の時期にあたります。
いわば新しい年の始まりを祝うサバト(祝祭)なのですね。

1960~1970年代、
ウイッチクラフト運動のひとつとして
年に8つのサバトを祝う人々が現れたのですが、
その際に掘り起こされたサバトのひとつが、このイモルグ。

ず~っとず~っと昔にさかのぼると、
そもそもケルトの民にはケルトの信仰があり、
その後、キリスト教を受け入れたわけですが、
その際のキリスト教化策のひとつとして
ケルトの祝祭日とキリスト教の祝祭日とを合体させました。

イモルグは、キリスト教のキャンドルマス=聖燭節にあたります。
キャンドルマスとは、聖母アリアによる清めと安産を祈願する日です。

歴史的なことはともかく、
太陽の光が日一日と力を増していくこの時期は、
いってみれば魔女たちの新年サバト。
豊かな恵みと、物ごとの浄化、新しい始まりを願い、
インスピレーションを与えてくれるようにと祈ります。

『太陽と月の魔女カード』で占っていて、このカードが出たら…?
聖母マリアのようにやさしく、慈愛に満ちていることを示し、
そのような態度をとることによって
女神ブリギッドが示す新しくも豊かな実りがもたらされるでしょう。

しかし逆位置で出た場合は、
上記とは反対に、利己的で刹那的で、感情的すぎることを示します。
そして、手にするはずの実りも逃すことになるでしょう。

2月2日、イモルグの日。
どうぞこのカードを手に取り、願いごとをしてください。
大きな実りを得ることができる…かもしれませんよ。



posted by taiyonomajo at nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:占い

魔女コレクション 第100回 魔女のシークレットガーデン 飯島都陽子著・絵 @山と渓谷社 [魔女コレクション]

月の魔女・小泉茉莉花です。

映画・小説・グッズ、そして魔女のお話など
太陽と月の魔女がみつけた魔女にまつわるものを
ブログ【太陽と月の魔女】でご紹介していきたいと思います。
今回は、横浜の元町のハーブと魔女の専門店「グリーン・サム」の
オーナー・飯島都陽子さんの魔女のシークレット・ガーデンをご紹介します。

魔女のシークレットガーデン.jpg


まず絵がとても素敵。
飯島都陽子さん自らお書きになっています。
魔女に関する知識もとても豊富で、
読んでも見てもとても楽しい。

魔女のシークレット・ガーデンを
訪ねてみたい気持ちになります。

「グリーン・サム」には何度か行ったことがありますが、
ペンダントを買ったときにいただいたおつり。
魔女銀行でおろしてきたばかりのコインよと渡してくださいました。
そんな遊び心が素敵です。
20121029115622.jpg




nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:占い
前の10件 | - 魔女コレクション ブログトップ