SSブログ
太陽と月の魔女のおすすめ本 ブログトップ

太陽と月の魔女のおすすめ本 タロット占いの秘密@辛島宣夫 二見書房 [太陽と月の魔女のおすすめ本]

月の魔女・小泉茉莉花です。

本日スタートの新企画・太陽と月の魔女のおすすめ本。
太陽と月の魔女がどんな本を読んで星占いや魔女学をお勉強してきたか、
あるいは太陽と月の魔女の愛読書をご紹介いたします。
第3回は月の魔女・小泉茉莉花のおすすめ本。
というか月の魔女が神秘世界に興味をひかれた第一歩となった本です。

「タロット占いの秘密」辛島宣夫著 二見書房
辛島先生タロット占いの秘密.jpg


この本を大学時代に友人からゆずってもらって、
突然「私はタロット占い師になる!」と天啓のようにひらめいたのでした。
タロットの一冊目はこの本だったという当時の占い師さんは
多いという話をよくききます。

で、占い師になる!という決意は、あまりお話がうまくないというか、
その頃、月の魔女は超無口だったので
無理と思って断念しました。
でも、あきらめきれずに、会社員になってから
某カルチャーセンターの「タロットと星占い」の講座に
通い始めました。

余談ですが、講座に登録の際、星占いをやるためにエフェメリス(星占天文暦)を
購入しなくてはいけなかったのですが、正直この分厚い本は会社員にとっては高価だったので、
タロットやりたいだけだから、これはほんとは不要だけどなぁと正直思いました。

そのときは、自分がこの暦をどの本よりも愛用することになるとは夢にも思っていません
でした。
占い原稿を書く仕事というものがあるなんて思いもよらなかったのです。

本当にどこでどうなるかわからないものだとこの本をみるとつくづく思います。

辛島先生はこの後、「タロット占いの秘密~カバラの数秘術」二見書房を
出版していらっしゃいますが、現在はどちらも絶版です。

この本は解説本とカードがセットになっていますが、本の方に
珍しく、月の魔女の書き込みがありますから、これを使ってお勉強していたのでしょうね。

人生を変えた一冊といえる本です。

nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:占い

太陽と月の魔女のおすすめ本「占星学の見方」ルル・ラブア [太陽と月の魔女のおすすめ本]

こんにちは。
太陽の魔女マリィ・プリマヴェラです。

太陽と月の魔女がどんな本を読んで星占いや魔女学をお勉強してきたか、
あるいは太陽と月の魔女の愛読書をご紹介いたします。
第2回は太陽の魔女マリィのおすすめ本。
故ルル・ラブア先生の「占星学の見方」(東栄堂)です。

51jUwdBnPDL._SX365_BO1,204,203,200_.jpg


私はルル・ラブア先生のご著書を教科書として
西洋占星術をお勉強してきました。
それがこの本です。
しかし出版社である東栄堂はいくら検索をしても出てきませんでしたから
もうなくなってしまったのでしょう。
もちろん、この本も絶版です。
Amazonを探したら中古本が何冊か出ていました。
古書でいいのならば手に入ります。…高額だけれど。

ルル先生のご著書で、もう1冊。
「占星学 新装版」(実業之日本社)という本があります。

ダウンロード.jpg


私の手元にあるのは、新装版になる以前の「占星学」。
「占星学の見方」を土台にしたもののようです。
こちらなら今でも手に入るはず。

ルル・ラブア先生は非常に物静かだけれど誠実で優しく、
研究熱心な“霊感少女”でした。
まだ占星術に携わって数年の頃、
ルル先生から「あなたはよくお勉強している!」と褒めていただいたことを
今でも誇りに思っています。

上記の本いずれも、一字一句、読み逃しがないようにしないといけません。
なぜって、それほどに内容が凝縮されているのですから。
「未だにルル・ラブアに縛られているなんて!」という方に会ったことがあります。
けれど私は今でも折に触れてこの本を開きます。
それはルル先生のご本が基礎を確実におさえていながら
示唆に富んだものだから。
今でも古くなっていません。
それどころか、本を開くたびに新しい発見があるのです。
そうだったのか!と膝を叩くことのなんと多いことか。
だから私の「占星学の見方」はボロボロ。
丁寧に扱わないと、本がバラバラになってしまいそう…。

占星術をお勉強したい方は必携の書だと思っています。


posted by taiyonomajo at nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:占い

太陽と月の魔女のおすすめ本 占星学教本 流智明 [太陽と月の魔女のおすすめ本]

月の魔女・小泉茉莉花です。

本日スタートの新企画・太陽と月の魔女のおすすめ本。
太陽と月の魔女がどんな本を読んで星占いや魔女学をお勉強してきたか、
あるいは太陽と月の魔女の愛読書をご紹介いたします。
第一回は月の魔女・小泉茉莉花のおすすめ本。
流智明先生の「占星学教本」@JICC出版局です。

占星学教本.jpg


月の魔女が最初に手にした星占いの本は子供の頃に読んだ
門馬 寛明先生の12星座が一冊ずつになっている本の獅子座版でした。
太陽星座しかしらない子供の頃ですから
獅子座のところに書いてある華やかとかリーダーとかにあてはまらないと思っていたのですが、
この本には
「獅子座の中に猫座というのがあって、おとなしくて・・・」的なことが書いてあり、
大いに納得したのでした。

そのあと、ホロスコープを自分で作るというムックを読んで作ろうとしたのですが、
さっぱりわかりませんでした。
教えていただいて、円形分度器など使って手書きで作っていた時代でした。
今はパソコンの無料ホロスコープですぐにできちゃうので便利な世の中です!

ホロスコープを作るというムックの著者が流先生だったと思います。
そのあとその本が占星学教本へとなったと記憶しているのですが。。。
そして、この本が私のバイブルになりました。


著者の流先生とは、この仕事を始めて、某編集部の忘年会で一度お会いしたことがあります。
ダンディで素敵な先生でした。

とてもベーシックでわかりやすい本です。
今もたまに開くことがあります。
星占いのお勉強を始めた頃を懐かしく思い出して初心に戻ります。
星占いのお勉強を始めようと思っている方にはおすすめです。

nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:占い
太陽と月の魔女のおすすめ本 ブログトップ