SSブログ
太陽と月の魔女のおすすめ本 ブログトップ
前の10件 | -

太陽と月の魔女のおすすめ本「迷信俗信大百科」学習研究社 [太陽と月の魔女のおすすめ本]

こんにちは。
太陽の魔女マリィ・プリマヴェラです。

太陽と月の魔女がどんな本を読んで星占いや魔女学をお勉強してきたか、
あるいは太陽と月の魔女の愛読書をご紹介いたします。
第18回は太陽の魔女マリィのおすすめ本。
不二龍彦著「迷信俗信大百科~困ったときに妙に頼れる~」(学習研究社)です。

迷信俗信大百科.jpg


おすすめ本シリーズ16回目でご紹介した「ジンクスの不思議」もそうでしたが、
今回のこの本も初版が1996年1月と、すでに絶版。
古書としてネットでは手に入れられるようです。
https://www.amazon.co.jp/%E6%8B%9B%E7%A6%8F%E5%A4%A7%E5%AE%9D%E5%85%B8-%E8%BF%B7%E4%BF%A1%E3%83%BB%E4%BF%97%E4%BF%A1%E5%A4%A7%E7%99%BE%E7%A7%91%E2%80%95%E5%9B%B0%E3%81%A3%E3%81%9F%E3%81%A8%E3%81%8D%E3%81%AB%E5%A6%99%E3%81%AB%E9%A0%BC%E3%82%8C%E3%82%8B-%E3%82%A8%E3%83%AB%E3%83%96%E3%83%83%E3%82%AF%E3%82%B9-%E4%B8%8D%E4%BA%8C-%E9%BE%8D%E5%BD%A6/dp/4054006302

表紙には
「収録項目1000余!
これ一冊で吉兆・凶兆・まじない・禁忌など
気になる俗信世界のすべてがわかる!」と書かれています。

「本書の利用の仕方」というページには
「古代から現代に至るまでの間に世界各地で行われてきた
前兆占い・禁忌・俗信・まじない、
それらに基づく民間占いなどを集成し、
事典として活用できるよう編纂した」とも記されています。

構成は
動植物、物品・衣類、人物・神仏、人体と生理、家と場所、
食物・食事、冠婚葬祭・行事・習俗、天地の災いと天気、数字の縁起
…と、9つのくくり。

そして巻末には逆引き事典として
金運のサイン、ツキがくるサイン、出世運のサインなどが列挙されています。

実に丁寧な作りの本なのです。

たとえば「枕」の項。
「北枕で寝ると死ぬ」と言われていますね。
死ぬまでいかなくても不吉だと思っている場合も多いんじゃないでしょうか。
これはブッダが頭を北、顔を西に向けて入滅したところから
北枕は死に通じる、と考えられていたからだと解説されています。
また「西枕を避ける」という俗信もあり、
これは浄土宗では死者が成仏しておもむくのは西方浄土なので
死とつながるとして嫌われた、と。

ちなみに「魔女」の項には
「魔女は愛の飛躍を調合する」
「魔女は箒に乗って空を飛ぶ」
「それを塗ると自在に不思議を行える魔女の軟膏がある」
「魔女は針で刺しても泣かない」
「魔女は手の親指を好む」
「魔女は水に入れても沈まない」…と
たくさんの迷信俗信が書いてあり、
それぞれにわかりやすく解説されています。

16回目でご紹介した「ジンクスの不思議」同様、
たくさんの付箋紙が貼ってあるので
一時期、よく開いた本なのですが、
最近は背表紙を眺めるくらい。
とはいえ、今回、この記事を書くにあたって
改めて開いて見たら、本当に面白い!
「困ったときに頼る」という本ではなく、
古今東西の迷信俗信をつまみ食いする感じで読める
とても楽しい本だと思いました。



posted by taiyonomajo at nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:占い

太陽と月の魔女のおすすめ本 ガラクタ捨てれば未来がひらける [太陽と月の魔女のおすすめ本]

月の魔女・小泉茉莉花です。

太陽と月の魔女のおすすめ本をご紹介します。
太陽と月の魔女がどんな本を読んで星占いや魔女学をお勉強してきたか、
あるいは太陽と月の魔女の愛読書をご紹介いたします。
第16回は月の魔女・小泉茉莉花のおすすめ本。
ガラクタ捨てれば未来がひらける 風水浄化術入門 カレン・キングストン著 小学館文庫
ガラクタ捨てれば自分がみえる  カレン・キングストン著 小学館文庫

ガラクタ捨てれば未来がひらける.jpg


月の魔女はかつては整理整頓大好きで、片付け本ばかり読んでいました。
そんなときに読んだのがこのガラクタ捨てれば未来がひらけると
ガラクタ捨てれば自分がみえるの二冊。
カレン・キングストンさんは「スペースクリアリング」をうみだした
片付け界のパイオニアだそうですが、
日本人の片付け本とは一味違ったアプローチの仕方が新鮮で衝撃的でした。
とても面白く読みました。

片付け本をいくら読んでも当然ながら目の前のがらくた?は片付かない。
家の中がすっきりすると気持ちもすっきりするというのはよくわかりますが、
月の魔女のように、仕事に使うものも自宅においてあると
捨てるわけにもいかないし、なかなか難しい。
月グッズが家にあふれすぎて一度段ボールをあけずに捨てたことがありますが、
(たぶん中身はクッション関係だったと推察しております)
今考えるとおそろしい。。。。

写真のこの本は2002年発売で、
新ガラクタ捨てれば自分がみえてくるという本も2013年にだされたみたいです。

ミニマリストにはなれないにしても、もう少し片づけておかないと思うので
この本をもう一度読み直してみたいと思います。
この本を読むと片付け意欲がわいてくること間違いなし。
部屋の片づけに悩める人達におすすめです。



nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:占い

太陽と月の魔女のおすすめ本「ジンクスの不思議」河出書房新社 [太陽と月の魔女のおすすめ本]

こんにちは。
太陽の魔女マリィ・プリマヴェラです。

太陽と月の魔女がどんな本を読んで星占いや魔女学をお勉強してきたか、
あるいは太陽と月の魔女の愛読書をご紹介いたします。
第16回は太陽の魔女マリィのおすすめ本。
「ジンクスの不思議~知りたかった博学知識~」(河出書房新社 KAWADE夢文庫)です。

bookoffonline_0012239228.jpg


博学こだわり倶楽部[編]となっていますから
おそらく何人かのライターや編集の方々がジンクスを集め、
一冊の本に仕上げたものだと思います。

初版は1993年8月。
とうに絶版になっている本をご紹介するのは恐縮なのですが…。
ネットで古書として手に入れることはできるようです。
https://store.shopping.yahoo.co.jp/bookoffonline/0012239228.html?sc_e=slga_pla_i_shp_10002&gclid=CjwKCAiAyPyQBhB6EiwAFUuakqis3Ab9cfTq8MnKJakRukd81OnCkNk81vickQ1mL6gWUf-krXs68hoCkmMQAvD_BwE

さて、なぜこの本を手に入れたのか、
いつ、どこの書店で? などということは
残念ながら記憶に残っていません。
ただ、私の手元にあるこの本には付箋がいっぱい貼り付けてあるので
お仕事をするときに活用したのだと思います。

で、本の内容と言えば
タイトル通り、たくさんのジンクスが集められています。
それこそ洋の東西を問わずに。

たとえば
「栄養タップリのゆでたまごは縁起も最高!」という項には
日本ではギャンブラーがゆで卵を好んで食べるのだけれど、
なぜかと言えば「子を生む」から縁起が良いとされているのだとか、
イースターに欠かせない卵は「すべての生命の起源をあらわすもの」であり、
復活のシンボルとされてきた…、
などという話が書かれています。

また「これが幸運を招くコインのお守りだ」という項では
ドイツでは自分の生まれ年に作られたコインには
幸運を呼び込む神秘的な力が宿るとされ、
ドイツ人はこのラッキーコインをお守りとして財布に入れたり、
ペンダントなどに加工していると紹介してあります。

占いや魔女学などを真正面からお勉強するのも
もちろんアリですけれど、
こんな雑学っぽい話がどっさり書かれた本も、とても面白い!
時折、手に取ってパラパラをページをめくっては
拾い読みしたりしています。
30年前の本ですけれど、未だに”使える本“なのですね。


posted by taiyonomajo at nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:占い

太陽と月の魔女のおすすめ本 ゼロから分かる!歩いて知る 神社と神さま@植島啓司 [太陽と月の魔女のおすすめ本]

月の魔女・小泉茉莉花です。

太陽と月の魔女のおすすめ本をご紹介します。
太陽と月の魔女がどんな本を読んで星占いや魔女学をお勉強してきたか、
あるいは太陽と月の魔女の愛読書をご紹介いたします。
第14回は月の魔女・小泉茉莉花のおすすめ本。
植島啓司先生のゼロから分かる!歩いて知る 神社と神様
歩いて知る神社と神さま.jpg


宗教人類学者の植島啓司先生のセミナーはとてもおもしろいと教えてくれたのは太陽の魔女でした。
それから太陽の魔女と一緒にセミナーに通うようになり、
植島先生の本を読みました。

セミナーも本もとてもおもしろく、人生について考えさせられました。

ゼロから分かる!歩いて知る 神社と神様 植島啓司著 世界文化社は2018年発売。
帯の紹介文によると
「世界各地の聖地をアタマトカラダで駆け巡り続ける類い稀なフィールドワーカー
植島啓司が魅力・霊力いっぱいの「神社と神さま」をご案内!」
この本は「本書をもってでかけよう!」と書かれていますが、
単なる神社紹介本ではなく、神社の歴史から
神様とのつながり方

誰もが神がいると思っているところには神はいない
といった興味深い記事まで盛りだくさん。

もちろん、伊勢神宮などのよく知られている神社についても紹介されています。
いつもの先生の本と何となく違うなと思ったのは、
この本がとてもわかりやすく、優しく書かれているから。
帯に書かれている植島先生の似顔絵もよく似ています。
神社案内みたいな感じで手にとって、買ってみたら
もっと深い話だったというところでしょうか。

神社と神さまに興味のある方にはおすすめです。

nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:占い

太陽と月の魔女のおすすめ本「タロットREADING BOOK」千田歌秋著 [太陽と月の魔女のおすすめ本]

こんにちは。
太陽の魔女マリィ・プリマヴェラです。

太陽と月の魔女がどんな本を読んで星占いや魔女学をお勉強してきたか、
あるいは太陽と月の魔女の愛読書をご紹介いたします。
第14回は太陽の魔女マリィのおすすめ本。
千田歌秋著「タロットREADING BOOK」(学研)です。

51PhTra-gTL._SX350_BO1,204,203,200_.jpg


サブタイトルは
「はじめてでも、いちばん深く占える」。
そう、通り一遍のものではないのが、この本なのです。

おすすめ本シリーズで以前、LUAさんの著書
「78枚のカードで占う、いちばんていねいなタロット」をご紹介しました。
https://sunandmoon.blog.ss-blog.jp/2021-05-07-3

このタロット本を入門書とすれば
今回ご紹介する「タロットREADING BOOK」は
そのあとのフォローアップにとても役立つ本だと思っています。
…サブタイトルには「はじめてでも…」と書かれていますが
初心者の方にはテキストの副読本としておすすめです。
中級以上の方もご自身のリーディングの幅を広げるための参考書として
大活躍するのではないでしょうか。

というのも何しろ情報量が多い。
大アルカナ、小アルカナの全78枚が
1枚につき4ページも割いて解説されているのです。
それも細かい文字でびっしりと!

1枚1枚のカードが何を意味するかが書かれているのはもちろんですが、
カードに描かれたたくさんのシンボルをどう読み取るか、
そこに重点が置かれています。
つまり「シンボル・リーディング」ですね。
そのために実に大量のキーワードが記されています。
タロットリーディングの相棒として
これ以上、詳しい本はないと言えるのではないかしら。

今までのリーディングに、
別方向からの見方を示唆してくれる本とも言えるでしょう。
というわけで副読本、参考書として役に立つと思えるのです。
もちろん副読本、参考書としてでなく、
この1冊だけでタロットのお勉強を完結させることもできると思います。
他に参考書はいらないくらい!

ちなみに、著者である千田歌秋さんは
東京・麻布十番にある占いカフェ&バー「燦伍」のオーナー占い師さん。
私マリィも、不定期にではありますが
「燦伍」で鑑定待機させていただいてます。
今月1月は24日(月)15時~20時に待機していますので
よろしかったら、どうぞ!


posted by taiyonomajo at nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:占い

太陽と月の魔女のおすすめ本 第13回 自然のレッスン 北山耕平@角川書店 [太陽と月の魔女のおすすめ本]

月の魔女・小泉茉莉花です。

太陽と月の魔女のおすすめ本をご紹介します。
太陽と月の魔女がどんな本を読んで星占いや魔女学をお勉強してきたか、
あるいは太陽と月の魔女の愛読書をご紹介いたします。
第13回は月の魔女・小泉茉莉花のおすすめ本。
北山耕平さんの「自然のレッスン」角川書店

自然のレッスン角川.JPG


月の魔女が購入したのは1985年に発売された初版。
さすがにこちらは入手困難と思いましたが、
検索したら、新装版「自然のレッスン」太田出版  2001年発売
文庫版「自然のレッスン」ちくま文庫 2014発売
がでていて、こちらは何とか手に入るようです。

この本は私がまだこのお仕事を始めたばかりの頃で、
その頃よく一緒にお仕事をさせていただいていた編集プロダクションの社長さんから
ご紹介いただきました。
その頃はもう必死で、朝早くから夜遅くまで原稿を書いている生活で、
スムーズに書けなくて、心身ともに疲れ果てていました。

そんなとき、この本にかかれている言葉は心に深く沁みました。
帯に書かれている「街のなかの自然な暮らし」
なんと素敵でしょう!
そうありたいものだとつくづく思いました。

でも、残念ながらこれを実行するのは、
締め切りに追われる身としてはとても無理でしたが。。。
でも、紹介者のいうように、
疲れたときにこの本を開くと、とても癒されるのでした。

新装版や文庫版がそのまんまなのか、追記があるのか、
読んでないのでわかりませんが、
今でも、この本を手にするとほっこりした気持ちになります。

このほかにも北山さんの
「大事なことはインディアンに学べ」ワールドフォトプレス
大事なことはインディアンに学べ.jpg

をもっていますが、こちらはネイティブアメリカンのムーンサイクルなどが
のっていて、ためになります。
こちらもおすすめです!



nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:占い

太陽と月の魔女のおすすめ本「マジカルフードブック」スコット・カニンガム著 [太陽と月の魔女のおすすめ本]

こんにちは。
太陽の魔女マリィ・プリマヴェラです。

太陽と月の魔女がどんな本を読んで星占いや魔女学をお勉強してきたか、
あるいは太陽と月の魔女の愛読書をご紹介いたします。
第12回は太陽の魔女マリィのおすすめ本。
スコット・カニンガム著、吉田倭子訳の
「マジカルフードブック」です。

マジカルフードブック.jpg



この本には「食べ物の魔法事典」という副題がついています。
そう、どの食材がどんな魔法の力を持っているかを紹介してる本なのです。

当ブログで私・太陽の魔女マリィが書いている魔法レシピのシリーズは
この「マジカルフードブック」を参考にすることも多いのです。
魔法レシピのみならず、
この食材にはどんな力があるんだっけ?とハテナが頭に浮かんだとき、
あるいは元気が出ないなぁ…なんて思ったときに
この本を開きます。
すると、食材の持つパワーが記されていて、
そうか!と納得。

たとえば「果物」のページを開きます。
するとリンゴ、アプリコット、アボカド、バナナ…、と
39種類のフルーツについて
カロリー、支配する惑星、そのエレメント、どんなパワーを持っているかが
紹介されています。
さらにそのフルーツにまつわる伝承とか、歴史とか、
どこでどのような食べ方をされてきたか、などといったことが書かれています。
そして最後には、おすすめの食べ方まで!

ただし万能の本ではありません。
日本の食材はほとんど掲載されていないのです。
ほら、レンコンとかゴボウとか、知りたいでしょ
それが載っていないのです。
ま、仕方ありません、アメリカ人が書いた本ですもんね。

著者のスコット・カニンガムは、1956年生まれ。
高校生の頃から魔女活動にかかわり、
たくさんの本を書いてきました。
「魔女のハーブ事典」「魔女の教科書」「魔法のパワーアイテム事典」など
魔女と関わりのある著作がたくさんあります。
残念なことに1993年に亡くなったそうなので
新著はもう出ない…。


posted by taiyonomajo at nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:占い

太陽と月の魔女のおすすめ本 グリム童話の魔女たち 西村佑子著@洋泉社 [太陽と月の魔女のおすすめ本]

月の魔女・小泉茉莉花です。

新企画・太陽と月の魔女のおすすめ本。
太陽と月の魔女がどんな本を読んで星占いや魔女学をお勉強してきたか、
あるいは太陽と月の魔女の愛読書をご紹介いたします。
第11回は月の魔女・小泉茉莉花のおすすめ本。
太陽と月の魔女が師とあおぐドイツの魔女研究の第一人者 西村佑子先生の
「グリム童話の魔女たち」
西村先生グリム童話.jpg


太陽と月の魔女はファンタジーの魔女が大好きなので、
グリム童話と魔女の本にひかれるのは当然のこと。
この本を読んだ後に、HPで
西村先生が「魔女のお茶会」を開催なさることを知って参加しました!
それが西村先生との初めての出会いでした。
そして、初対面から気取らず優しい西村先生の大ファンになってしまいました。

それ以来、西村先生の講座にはかかさず参加していました。
西村先生はファンタジーの魔女の専門家ではなく、
ドイツの魔女の研究家で、特に、魔女裁判について深く研究していらっしゃいます。
2016年に開かれた「魔女の秘密展」では、監修をされていました。

西村先生のご専門であるドイツの魔女研究のご本も読んでいただきたいですが、
太陽と月の魔女のようにファンタジーの魔女好きには、
「グリム童話の魔女たち」が一番のおすすめといえます。

グリム童話を全巻よんで(大変です)登場する魔女たちについて
研究するという講座もあったりして、とても楽しかったです。

先生の講義をまた是非受けたいと思っています。
(先生の講座を聞いてみたい方はNHKカルチャーセンター千葉で開催されていますので
 要チェック!https://www.nhk-cul.co.jp/programs/program_1134530.html

ちなみに先生の最新刊は「魔女街道の旅」@山と渓谷社
こちらもあわせて読んでいただきたいと思います。
魔女街道の旅.jpg



nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:占い

太陽と月の魔女のおすすめ本「図説 ギリシア・ローマ神話文化事典」ルネ・マルタン監修 [太陽と月の魔女のおすすめ本]

こんにちは。
太陽の魔女マリィ・プリマヴェラです。

太陽と月の魔女がどんな本を読んで星占いや魔女学をお勉強してきたか、
あるいは太陽と月の魔女の愛読書をご紹介いたします。
第10回は太陽の魔女マリィのおすすめ本。
ルネ・マルタン監修、松村一夫・訳の
「図説 ギリシア・ローマ神話文化事典」です。

月の魔女が、おすすめ本カテゴリーの第7回でご紹介していたのが
「ギリシア神話小辞典」ですが、
私、太陽の魔女マリィのおすすめは、この本。

5173N42ADTL._SY291_BO1,204,203,200_QL40_ML2_.jpg

西欧の小説などを読んていると
ときどき神話を知らないと理解できない部分があります。
とくにギリシア・ローマ神話は人々の心の深い所に根付いていて
ちょっとした表現に出てくることがあるのです。
あるいは美術品や音楽を鑑賞するときにも
神話は頻々とテーマになってあらわれます。

そういったとき、この本を開きます。
たとえば、です、「アテナ」の項目を開くと
アテナがどんな女神なのかが書かれ、
アテナにまつわるストーリーが、簡略ながら添えられている。
アテナは神話にたびたび登場する女神なので
その量はかなりのものになりますが。
さらに「◆言語」という項目があり、
アテナから派生した言葉を紹介しています。
また「◆文学」「◆映画」「◆美術」と項目が続き、
それぞれにアテナが登場する作品が列挙されているのです。

事典ですから、隅から隅まで読んだわけではありません。
けれど「あれ? この神様はどんなことをしたんだっけ?」などと首をひねったときに
この本を開いては、なるほど、と確認するわけです。

神話の世界が好きという方には特におすすめの本だし、
ヨーロッパの文学や音楽、美術などに触れるときに
あるとすごく役に立つ1冊。
もちろん私の仕事のメインフィールドは西洋占星術で、
神話とは親和性が高い世界ですから、
仕事していくときに何度もこの本に助けられましたよ。

で、訳者が松日本の神話学の権威・松村一夫さんというのも、また嬉しい。
はい、松村ファンです、私。


posted by taiyonomajo at nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:占い

太陽と月の魔女のおすすめ本 俳句歳時記@角川書店 [太陽と月の魔女のおすすめ本]

月の魔女・小泉茉莉花です。

新企画・太陽と月の魔女のおすすめ本。
太陽と月の魔女がどんな本を読んで星占いや魔女学をお勉強してきたか、
あるいは太陽と月の魔女の愛読書をご紹介いたします。
第9回は月の魔女・小泉茉莉花のおすすめ本。
俳句歳時記@角川書店

角川俳句歳時記.jpg



最近はあまり依頼がありませんが、一時期おまじないのお仕事がとても多く
ありました。
イメージシンボル事典を読むのはもちろんですが、
俳句歳時記も隅から隅まで読みました。

俳句は作りませんが、歳時記は言葉の意味やジンクスを知るのに
とても役にたちます。
月にまつわるお話もたくさんのっています。

この本、アマゾンで後一冊ですが、まだ売られていましたが、
当時1500円で買ったのが3500円になってました。
最近でも、テレビ番組で有名な夏井いつき先生の月の歳時記を
買ったのを月コレクションでご紹介しています。
https://sunandmoon.blog.ss-blog.jp/2019-07-10-1

月の歳時記.jpg


月だけでなく、他にも「花」や「雪」もでていますので、興味があれば是非!
全体的に知りたい方は俳句歳時記を。
角川版は現在でているのは季節でわかれているようですが、
他にもいろいろありますので、お気に入りを探してみてください。

nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:占い
前の10件 | - 太陽と月の魔女のおすすめ本 ブログトップ