SSブログ
太陽と月の魔女カードのシンボルにまつわる話 ブログトップ
前の10件 | -

太陽と月の魔女カードのシンボルにまつわるお話 第13回 ゴールド [太陽と月の魔女カードのシンボルにまつわる話]

こんにちは。
太陽の魔女マリィ・プリマヴェラです。

太陽と月の魔女( 太陽の魔女=マリィ・プリマヴェラ月の魔女=小泉茉莉花)のユニットが2019年4月に発売した
「太陽と月の魔女カードwithフェニックス&ドラゴン」のカードのシンボルにまつわる
神話や伝説などをご紹介しましょう。

               
螟ェ髯ス縺ィ譛医き繝シ繝医ywith phoenix&Dragon.jpg


第13回目は太陽カードから、11ゴールド。

IMG_4016.jpg


ギリシア神語の中から、ミダース王のお話をご紹介しましょう。

酒の神ディオニューソスは、養父が行方不明になったので
どうしたものかと気を揉んでいました。
姿が見えなくなってから11日目。
ミーダス王の使いが養父を連れてきました。
10日間というもの、ミーダス王の下でもてなしていたのだとか。

そこでディオニューソスはお礼に、
ミーダス王に何でも望むものをあげよう、と言いました。
するとミーダス王は
「自分が触れるものはすべて黄金に変わるようにしていただきたい」と頼みました。

その願いは聞き届けられ、
ミーダス王の触れるものは次々と黄金に変わっていきます。
樫の木の小枝も、小石も、リンゴも!
大喜びしたミーダス王は、召使に命じてご馳走を作らせました。
ところが!
パンに触ると手の中で硬く黄金色に固まってしまうし、
料理を口に持っていっても、黄金の塊となって食べることができません。
葡萄酒を飲もうとしても、まるで溶けた黄金のようにして喉を流れ落ちていく…。

このままでは餓死してしまうと思ったミーダス王は
金色に輝く両腕を高く上に差し出し、
「どうかこの光り輝く破滅からお救いください」と
ディオニューソスに祈りました。
慈悲深いディオニューソスはその願いを聞き入れてやり、
泉に全身を浸し、罪と罰とを洗い落とすよう、伝えました。
ミーダス王はディオニューソスの言葉に従ったところ、
たちまち黄金を作り出す力は水の中に消えていきました。
以来、ミーダス王は富も栄華も嫌って田舎に住むようになったのだとか。

ちなみにミーダス王は「王様の耳はロバの耳」の、あの王様のことです。


参考:トマス・ブルフィンチ「ギリシア・ローマ神話」角川文庫

posted by taiyonomajo at nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:占い

太陽と月の魔女カードのシンボルにまつわるお話 第12回 月カード 12 ワイン [太陽と月の魔女カードのシンボルにまつわる話]

月の魔女・小泉茉莉花です。 太陽と月の魔女( 太陽の魔女=マリィ・プリマヴェラ月の魔女=小泉茉莉花)のユニットが2019年4月に発売した
「太陽と月の魔女カードwithフェニックス&ドラゴン」のカードのシンボルにまつわる
神話や伝説などをお話する新企画です。
               
螟ェ髯ス縺ィ譛医き繝シ繝医ywith phoenix&Dragon.jpg


第12回は月カードから12・ワインです。
IMG_1136.jpg


寂しい岬に美青年がたっていた。
海賊たちはお金持ちだと思って身代金をかせごうと思い、彼をさらう。
でも、何度縛っても、縄はとけて美青年は笑っている。
「人間じゃない。早く船からおろそう」と舵取りは言ったのだったけど、
船長はききいれなかった。
すると不思議なことがおこった。
船の甲板をワインが流れ始めたのだ。
甘くかぐわしい神様の香りだった。
水夫たちが驚いていると、今度は帆の先にぶどうの木が枝を広げて
葡萄の房がいくつもたれてきた。

帆柱には花が咲き始めた。
さすがに船を陸地に向けようとしたときはもう遅かった。

神は獅子に変身してほえた。
獅子は船長にとびかかり、
水夫たちは恐怖のあまり海にとびこんだが、その姿は海豚になっていた。

神は水夫だちに忠告した舵取りだけをひきとめてこう言った
「気遣いするな、よい舵取りよ。我こそはディオニソスだ。」と。

*ディオニソスはバッカスの名でよくしられている葡萄酒の神様です。
参考文献 花の神話学 多田智満子 白水社
nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:占い

太陽と月の魔女カードのシンボルにまつわるお話 第11回 月カード24ジャスミン [太陽と月の魔女カードのシンボルにまつわる話]

月の魔女・小泉茉莉花です。 太陽と月の魔女( 太陽の魔女=マリィ・プリマヴェラ月の魔女=小泉茉莉花)のユニットが2019年4月に発売した
「太陽と月の魔女カードwithフェニックス&ドラゴン」のカードのシンボルにまつわる
神話や伝説などをお話する新企画です。
               
螟ェ髯ス縺ィ譛医き繝シ繝医ywith phoenix&Dragon.jpg


第11回は月カードから24ジャスミンです。
20120518162400.jpg



クレオパトラも愛したというジャスミン。
余談ですが、小泉茉莉花の 「茉莉花」(まつりか)はジャスミンを意味しています。

「愛らしい」という花言葉をもち、結婚式の花として使われるジャスミンですが、
花の物語にはハッピーなものがありません。

キリスト処刑の夜には、悲しみのあまり多くの花が枯れてしまったのに、
ジャスミンはただ葉をたたんだだけで、その悲しみにたえたのです。
でも、再び花開いたときにはピンクの花ではなく、色褪せて、二度と色づくことはなかった。
という伝説が最もよくしられています。

もうひとつは太陽神との悲恋の物語。
ある王女が愛する太陽神の心がライバルの女性にうつったのを
悲しんで自らの生命をたってしまいます。
その王女のお墓からは嘆きの木としてしられるナイトジャスミンが
芽をだしました。

香り高い白い花は恥ずかしめられたために、今もなお縮んでいて
太陽の怒りをさけるために、夜明けになると花びらを散らすのだそうです。

参考文献 花の神話と伝説 C・M・スキナー著 八坂書房
nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:占い

太陽と月の魔女カードのシンボルにまつわるお話 第10回 ハロウィーン [太陽と月の魔女カードのシンボルにまつわる話]

こんにちは。
太陽の魔女マリィ・プリマヴェラです。

太陽と月の魔女( 太陽の魔女=マリィ・プリマヴェラ月の魔女=小泉茉莉花)のユニットが2019年4月に発売した
「太陽と月の魔女カードwithフェニックス&ドラゴン」のカードのシンボルにまつわる
神話や伝説などをご紹介しましょう。

第8回目は太陽カードから、07ハロウィーン。。

sun7ハロウィーン・.jpg


スコットランドでは、妖精は草地の丘に住み、
その家はハロウィーンのときだけ人間に開放されると言われていました。
その逆に、妖精もまたハロウィーンの夜だけは自分の住処を離れ、
人間界を訪れることができたそうです。

さて、ある年のハロウィーンの夜のこと。
二人の若者が灯りがともった家に行き着きました。
その家の中にはどんちゃん騒ぎをする人がいっぱい。
それを見た若者のひとりは、すぐに中に入り、
一緒に踊り、浮かれ始めました。

ところが残ったもうひとりの若者は
ここはひょっとしたら妖精の住処かもしれないと思い、
戸口に針を刺し、それから中に入ったのです。
まさにそこは妖精の家だったので、
そうすることで妖精の力を衰えさせることができ、
あとから入った若者は無事に逃げ出せたのです。

ところが最初に入った不用心な若者は、1年もの間、
妖精の住処に閉じ込められたまま。
翌年のハロウィーンがやってきたときには
その妖精の家で、依然として踊り、浮かれていた若者の姿が見られたということです。
そして、若者は骨となり、バラバラに砕けて散っていったのだとか…。


参考:リサ・モートン「ハロウィーンの文化誌」原書房

posted by taiyonomajo at nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:占い

太陽と月の魔女カードのシンボルにまつわるお話 第9回 フクロウとネズミ [太陽と月の魔女カードのシンボルにまつわる話]

月の魔女・小泉茉莉花です。 太陽と月の魔女( 太陽の魔女=マリィ・プリマヴェラ月の魔女=小泉茉莉花)のユニットが2019年4月に発売した
「太陽と月の魔女カードwithフェニックス&ドラゴン」のカードのシンボルにまつわる
神話や伝説などをお話する新企画です。
               
螟ェ髯ス縺ィ譛医き繝シ繝医ywith phoenix&Dragon.jpg


第9回は月カードから18フクロウ(&22星、09月、21雲と太陽カード 09太陽)。中国に伝わるお話です。

moon18フクロウ (2).jpgIMG_0983.jpg



20130606111422.jpg



sun9太陽 (2).jpg


20120728115711.jpg


むかし、地上には光がなく、漆黒の闇が広がっているだけで、人々は苦しんでいました。
大の仲良しのねずみとふくろうはみんなのために光を探しにいくことにしました。

あちこちでいろんな人にきいて、ようやく、厚い雲が天地をへだてているので
光が地上に届かないことがわかりました。

そこでねずみとふくろうは天までいって光をみつけだすことにしました。
飛ぶのが得意なふくろうはねずみを背中にのせて飛び立ちました。
飛んで飛んで99日目にようやく天と地をわけている境目にたどりつきました。
そこは厚くて固い雲にさえぎられていました。

雲の壁には小さな裂け目があり、ふくろうは爪でひっかきました。
ねずみにみてもらうためです。
ねずみは君の背中にのったまま、雲にかみついて穴をあけるというグッドアイディアを
思いつきました。
かじってかじって、雲のちりが風にのって空にちらばり、
あるものは光をはなって星になりました。

ねずみがかじること99日。
ようやく雲の壁に穴があきましら。
真っ白な光の束が穴からあふれだし大地をてらしました。

フクロウは穴から天にとびだそうとしましたが、
白い光が冷たくて、別のところにとびだしました。
白い冷たい光は月の光だといわれています。

どれだけ飛んだことでしょう。
今度は暖かい雲に突き当たりました。
雲の裂け目をみつけてねずみはまた99日かみ続けました。

丸い穴から焼けつくような赤い光があふれだしました。
ふくろうは目があけてられてなくなり、
あっという間に地上におちてしまいました。

そのときからねずみとふくろうは昼間外にでられなくなりました。
でも、そのときから太陽と月と星ができて
地上に光やぬくもりを与えてくれるようになったのです。

参考文献 世界の太陽と月と星の民話 三弥井書店 
nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:占い

太陽と月の魔女カードのシンボルにまつわるお話 第8回 ゴールド [太陽と月の魔女カードのシンボルにまつわる話]

こんにちは。
太陽の魔女マリィ・プリマヴェラです。

太陽と月の魔女( 太陽の魔女=マリィ・プリマヴェラ月の魔女=小泉茉莉花)のユニットが2019年4月に発売した
「太陽と月の魔女カードwithフェニックス&ドラゴン」のカードのシンボルにまつわる
神話や伝説などをご紹介しましょう。

               
螟ェ髯ス縺ィ譛医き繝シ繝医ywith phoenix&Dragon.jpg


第8回目は太陽カードから、11ゴールド。

IMG_4016.jpg



北欧神話の中にゴールドにまつわるお話があります。

オーディン、ロキ、ヘニールの3人の神が旅した時のこと。
滝のそばを通りかかりました。
そこには1匹のカワウソがいて、鮭を食べていました。
ロキはたわむれにカワウソを狙って石を投げつけたところ、
石はカワウソの頭にあたり、死んでしまったのです。

ところがこのカワウソは、
資産家フレイドマールという男の次男オッタルの仮の姿。
オッタルは昼間はカワウソの姿になり、滝壺で漁をする毎日だったのです。

それと知らずにロキはカワウソの姿となったオッタルを
投石で死なせてしまったのです。

その晩、3人の神はオッタルの父フレイドールの家に
一夜の宿を求めました。
オッタルの実家だということも知らずに…。
そして「このカワウソがあるから食べ物の用意はいらぬ」と告げたのです。

フレイドールとその長男、三男は、オッタルが殺害されたことに気づき、
3人の神を縛り上げ、こう言いました。
「十分な賠償を支払わないなら、お前たちを決して放してやらないぞ!」。

その賠償とは、カワウソの皮をはぎ、その中にびっしりと黄金を詰め、
さらに毛皮が見えないように上から黄金をかぶせる、というもの。
大量の黄金です。

オーディンはロキを使いに出して、
世界中からできるだけ多くの黄金を集めさせることにしました。
ロキは、まず女神ランの力を借り、小人のアンドヴァルを捕まえました。
アンドヴァルは岩の裂け目に宝を隠していることを知っていたのです。
そして「宝を全部持ってきたなら解放してやる」と言いました。
アンドヴァルは持っている黄金を残らず持ってきました。

こうして3人の神は無事に釈放されたということです。


参考:Ⅴ・グレンペック「北欧神話と伝説」講談社

posted by taiyonomajo at nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:占い

太陽と月の魔女カードのシンボルにまつわるお話 第7回 猫とフクロウに姿をかえる魔女 [太陽と月の魔女カードのシンボルにまつわる話]

月の魔女・小泉茉莉花です。 太陽と月の魔女( 太陽の魔女=マリィ・プリマヴェラ月の魔女=小泉茉莉花)のユニットが2019年4月に発売した
「太陽と月の魔女カードwithフェニックス&ドラゴン」のカードのシンボルにまつわる
神話や伝説などをお話する新企画です。
               
螟ェ髯ス縺ィ譛医き繝シ繝医ywith phoenix&Dragon.jpg


第7回は月カードから17猫と18フクロウ。グリム童話の「ヨリンデとヨリンゲル」
というお話です。

2013102710180000.jpg


moon18フクロウ (2).jpg


昼はフクロウや猫に姿をかえ、夜は人間の姿に戻る魔女が森の古城に住んでいました。
魔女は娘をみつけては鳥に姿をかえてしまい、城の中には何千もの鳥かごがあると
いわれていました。

ヨリンデという美しい娘とその許嫁であるヨリンゲルが森の中で道に迷い
魔女の城のそばにいったためにヨリンデが夜なきウグイスに姿を変えられてしまいます。
フクロウがヨリンゲルのまわりをぐるぐるとまわり、
ヨリンゲルは動けなくなってしまいました。
ヨリンデは魔女に城に連れ去られ、ヨリンゲルの魔法はとけましたが、
どうしようもありません。

恋人を失ったヨリンゲルは夢をみました。
血のように赤い花の中に真珠のような朝霞が輝く花を手にいれれば魔法がとけると。。。
ヨリンゲルは山にのぼって赤い花を探して、魔女の城にむかいます。
花の力で魔法は破られ、ヨリンゲルは無事ヨリンデを救い出すことができました。

このお話にでてくる魔女は悪い魔女として描かれています。
グリム童話にはいい魔女、悪い魔女、魔法使いといろいろなお話があります。
太陽と月の魔女が師とあおぐドイツの魔女研究家・西村佑子先生はグリム童話の研究家でもあり、
お話をたくさんきかせていただき、自分もグリム童話を読んだのに、
いまだきっちり身についていないふがいない生徒ですが、
こうやって記事を書くことによって少しはお勉強できるのではないかと
思っています。
魔女に興味のある方は「グリム童話の魔女たち」 西村佑子著、洋泉社を
是非読んでみてください!



nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:占い

太陽と月の魔女カードのシンボルにまつわるお話 第6回 タンポポ [太陽と月の魔女カードのシンボルにまつわる話]

こんにちは。
太陽の魔女マリィ・プリマヴェラです。

太陽と月の魔女( 太陽の魔女=マリィ・プリマヴェラ月の魔女=小泉茉莉花)のユニットが2019年4月に発売した
「太陽と月の魔女カードwithフェニックス&ドラゴン」のカードのシンボルにまつわる
神話や伝説などをご紹介しましょう。

               
螟ェ髯ス縺ィ譛医き繝シ繝医ywith phoenix&Dragon.jpg


第4回目は太陽カードから、23タンポポ。

sun23タンポポ.jpg


「6月の半ばの金色の冑をつけた蜜蜂が
白百合の風そよぐテントの中で
(それは彼が征服したシュバリスなのだが)
夏らしい暖かな恍惚を感じるように、私もまたそれを
初めて深緑からおまえが黄色に花びらを咲かせたときに感じるのだ」

これは19世紀に活躍したアメリカの詩人J・R・ロウエルが書いた詩です。
ロウエルは、ギリシア・ローマ神話を題材に、あるいは引き合いにし、
たくさんの詩を書きました。

上記の( )内のシュバリスとは、イタリアの町の名前。
そしてシュバリスを征服した彼とは、
ミローンという有名な闘技者です。

いえ、そこは今回のお話に大切なことではありません。
上記の詩の最後のところ、
深緑色から黄色に花びらを咲かせたときに
夏らしい暖かな恍惚を感じる、という部分です。

タンポポは花開くまでは緑色のつぼみです。
そこから黄色い花びらが顔をのぞかせ、
しばらくすると鮮やかな黄色の花を咲かせます。
決して派手な花ではありません。
いえ、野生の、ありふれた、地味な花なのですが、
ロウエルはそこに暖かな恍惚を感じると言っているのです。

確かにタンポポはツンと澄ました花ではありません。
野生でありふれていて、地味な花だからこそ
そこにほっとする何かを見つけたのでしょう。
いかにもタンポポらしい詩だとは思いませんか。


参考:ギリシア・ローマ神話(トマス・ブルフィンチ)角川文庫


posted by taiyonomajo at nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:占い

太陽と月の魔女カードのシンボルにまつわる話 第5回 29ドラゴン 竜と結婚した男 [太陽と月の魔女カードのシンボルにまつわる話]

月の魔女・小泉茉莉花です。 太陽と月の魔女( 太陽の魔女=マリィ・プリマヴェラ月の魔女=小泉茉莉花)のユニットが2019年4月に発売した
「太陽と月の魔女カードwithフェニックス&ドラゴン」のカードのシンボルにまつわる
神話や伝説などをお話する新企画です。
               
螟ェ髯ス縺ィ譛医き繝シ繝医ywith phoenix&Dragon.jpg


第5回は月カードから29 ドラゴン。ビルマのお話です。

ドラゴン.JPG



むかし、シャン族の男が水中にある竜神王国の娘と結婚しました。
男は竜王の宮殿で数か月は幸せに暮らしていました。
竜王は娘に人間の男を驚かさないために竜の姿にならないようにと
竜神たちに命じていたのです。

でも、年の一度の水祭りのときはどうしても竜の姿に戻らなければなりません。
娘は祭りが終わるまで決して外にでてはいけないと夫に言い聞かせて、
竜の姿になって、祭りに加わりました。
男は妻の帰りを待ちきれず、言いつけを破って外にでてしまいました。

するとたくさんの竜が宮殿のまわりにうごめいていました。
男は驚き、戻ってきた妻に
「人間の国」に帰りたいと訴えました。
娘は夫の願いをききいれ、人間の世界に戻しました。

そして、卵をひとつ産んで、生まれてくる子供を大事に育てるようにと言い残すと
水の中に帰っていきました。

その子供は竜王の娘の助力で中国の皇帝の娘と結婚して
この国の初代の王となったのだそうです。

参考文献 世界神話事典 創世神話と英雄伝説 大林太良他編 角川ソフィア文庫

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:占い

太陽と月の魔女カードのシンボルにまつわるお話 第4回 ライオン [太陽と月の魔女カードのシンボルにまつわる話]

こんにちは。
太陽の魔女マリィ・プリマヴェラです。

太陽と月の魔女( 太陽の魔女=マリィ・プリマヴェラ月の魔女=小泉茉莉花)のユニットが2019年4月に発売した
「太陽と月の魔女カードwithフェニックス&ドラゴン」のカードのシンボルにまつわる
神話や伝説などをご紹介しましょう。

               
螟ェ髯ス縺ィ譛医き繝シ繝医ywith phoenix&Dragon.jpg


第4回目は太陽カードから、21ライオン。

sun21ライオン.jpg



ギリシア神話に登場するヘラクレストライオンのお話です。
ヘラクレスは全能の神ゼウスと、アルクメーネーの間に生まれた子供でした。
ゼウスの正妻ヘラは、夫の浮気の末に次々と生まれる子供に対し、
強い敵意を抱いていたので、
当然、まだ赤ん坊のヘラクレスに対しても憎しみを覚えていました。
そして、12にものぼる「ヘラクレスの難業」を課すことにしたのです。
その一番最初が、ネメアのライオンとの闘い。

ネメアの谷には、
人を襲い、家畜を食い荒らす恐ろしいライオンが住んでいました。
ヘラクレスに命じられたのは、このライオンを殺し、
毛皮を持ち帰ること。

ヘラクレスはまずは矢を放ち、
その後、こん棒を使ってライオンに立ち向かいました。
しかし、それではライオンを倒すことはできなかったので、
今度は3日3晩の間、自分の手でライオンの首を締め上げ、
とうとう死に至らしめてしまったのです。
そして死んだライオンを肩に担いで戻ってきました。
しかもライオンの毛皮にはキズひとつなかったのだとか。
ライオンの皮は、ライオン自身の爪で引き裂かれ、
ヘラクレスの服にされました。

その様子を見ていたゼウスはライオンを哀れに思い、
空にあげてやり、
星座のひとつ、獅子座となったのだとか。


参考:「ギリシア・ローマ神話」トマス・ブルフィンチ著(角川文庫)

posted by taiyonomajo at nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:占い
前の10件 | - 太陽と月の魔女カードのシンボルにまつわる話 ブログトップ